Slightly out of Focus

日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インベントリー

R0011668c.jpg

半年の一度のインベントリーの後で、4時過ぎから飲み始め、
終了時刻は22時半を回ったところ。

何杯、何を飲んだのかも覚えていず、いくら払ったのかは
あとから財布の中身をみて推測するという始末。

それでも、すごく色々なことを話したことは確か。
たまにはこんなことも必要。

明日に繋がればすべて良し。
明日から3月。



スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

線路を歩く

朝8時少し前、立川駅を出発した電車が国立駅にもう少しで着くという時に、止まった。そして、すぐ車内の灯りも消えた。中央線はよく止まるとは思っていたけど、車内の灯りが消えたのは、少なくとも自分は初めての経験。最初の車内アナウンスは、まだ何が起こったのか分からない様子だったけど、すぐに「国分寺駅近辺の変電設備で火災が発生し、消化活動中」とのアナウンスになった。
それから何度となく同じアナウンスがあり、30~40分もたった頃に、「国立駅まで誘導するので、降りて歩いて下さい」、「先頭車両から順次誘導します」とのアナウンス。自分は二両目に乗っていたので10分もすれば降りられると思っていたのだけど、全然降りられる様子が無い。車内はちょっとだけ暑くなってきたのと、雨でぬれたものが乾いてきてちょっと嫌な臭いもしてきていた。
すると、後ろの車両から急病人がいますと言いながら前方車両を目指す女性。その女性は、一人の女性を伴って後方車両に戻り、具合が悪くなったらしい女の子を連れて再度前方車両へ。その後、早く電車を降りたいらしい集団が2度ほど前方車両へ移動していった。
結局2両目の人たちが移動し始めたのは9時を回ってすぐのこと。電車が止まってから約1時間後のことだった。もちろん、更に後方の車両にいる人達はその後に電車を降りたのだろう。
国立駅に徒歩で到着すると、すでに人で溢れ返っていた。電車が動くのを待っているのか、電車のシートに座ったままの人。ホームで立ち話をしている人。
改札方面に行くと振り替え乗車のチケットをもらう為の長い列。自分はその行列を避けてフリーになっている改札を抜けた。駅前のロータリーにあるバス停にもすでに多くの人が並んでいる。ふと前方を見るとJRの駅員が立っていたので、とりあえず新宿へ出たいと伝えると、バスと電車の振り替えチケットを手渡され「バスで京王線の駅まで行って、京王線で新宿まで行ってください」と言われた。しかし、バス停は長蛇の列。この分だとバスに乗るのに1時間はかかりそうだと思い見回していると、1箇所だけあまり人が乗っていないバスが。南武線の矢川駅行き。とりあえず、移動しないと始まらないので、それに乗り込む。3つ目くらいのバス停に止まったところで、谷保駅へは、ここから歩いてすぐですと言われたので徒歩で谷保駅へ。
谷保駅の改札のフリーになっていて人は多かったが来た電車にはすぐ乗ることが出来た。分倍河原から京王線にと思っていたが、分倍河原の駅のホームは身動きが取れないくらい混み合っていた。仕方なく、降りた電車に再度乗り込み府中本町駅へ。そこで駅員に「神田まで行きたい。京王府中まで歩こうと思うんだけど」と伝えると「このまま南武線で川崎まで行って、東海道で東京に行ったほうが混雑も少なくて早い」といわれ素直に従うことにした。
途中、京王相模原線や、東横線に接続出来るところもあったのだけど、私鉄は振り替え組みで混んでいるらしいので、予定通り川崎まで。11時11分川崎発東京行きに電車に乗り込み、11時29分東京着。山手線で神田までと思ったら山手線も停車中。ここまで来たら急いでも仕方が無い。東京駅で昼食にパスタを食べ時間をずらし再び山手線へ。結局神田に着いたのは12時をちょっと回ったところだった。しかし、その時間でも中央線は復旧していなかった。

DSC000261.jpg
国立駅到着寸前

DSC000271.jpg
国立駅の混雑

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

鬼のいぬまに

仕事終了後、キューバ料理の店へ。会社の同僚数人と。ボスが出張中の息抜き。紅一点の梅さんは、結局今日も悟りを啓くことが出来ず。30台半ばにして相手に踏み込めない人生を送っているらしい。
味平

と人のことばかり言っている自分はどうなんだろう。。。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

文句ばっかり


確かにきちんとされていないことが多すぎる。でも、他人と一緒に文句を言っていてばかりではダメだ。反省しなければ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。